コーヒー用語、摩訶不思議

エスプレッソはイタリアで生まれたものですが、アメリカのシアトルで独自のアレンジが加わりました。
なので、シアトル系のコーヒー屋さんに行くと、イタリア生まれの言葉があちこちで聞こえます。

エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノ、バリスタ、グランデ、マキアート……。
ほんとにたくさんありますね。

ミルクのふわふわの泡と、どんな時でもウェルカムなホスピタリティのファンなので、私はスタバによく行きます。

ただ、コーヒーがすごく深煎りで強いので、カフェラテのエスプレッソを半分にしていただくことが多いです。
すると、「リストレットですね?」と聞き返す店員さんが多いことに、ふと気づきました。

店員さんは続けます。
「ショートサイズのホットのカフェラテ、リストレット 3XX円(よく覚えてない)です!」

リストレット(ristretto)は、ristringere「(煮詰めて)濃くする」の過去分詞。
つまり、caffè ristrettoは「濃くしたコーヒー」。

もちろん、イタリアにもあります。
粉のプレスを強くして抽出時間を長くした上で、抽出量を半分くらいで止めたもの(作り方には個人差あり)。

最初の濃く出る部分を少しだけ飲むという、コーヒー好きならではの粋な飲み方。

確かに、私のカフェラテも、コーヒー半分で作るということは、リストレットに近いのでしょう。

……ただですね!(鼻息)
私はコーヒーを減らして、ミルクたっぷりのカフェラテが飲みたいのですよ!
それなのに、「リストレットのカフェラテ(=濃くしたカフェラテ)」とは、これいかに!


……でもねぇ。

普通のカフェラテを頼んだ友達に分けてもらって比べるのですが、濃いわけじゃないんですよねぇ。
むしろ、ミルクたっぷりの優しいお味。

ちゃんと欲しいものがオーダーできてるから、何も問題ない。はず。

イタリア生まれ、アメリカ育ちのものに日本で出会うと、たまにこういう腑に落ちないことが起こります。

とにかく。

コミュニケーションを円滑にするべく、「ホットのカフェラテリストレットをショートサイズで」と頼むようになったのでした。

コーヒー用語には、不思議がいっぱい。



個人レッスン