4月 パスクア(Pasqua,復活祭)のコロンバ(Colomba)

パスクア(Pasqua:復活祭)は、クリスマスと並ぶイタリアの2大祝日。
キリストが十字架にかけられてから復活したことを祝う日です。
イタリアでは親戚が一堂に会してごちそうを食べるビッグイベント。

今年 2019年のパスクアは4月21日(日)。
3月の末から、お菓子屋やスーパーには、パスクワのお菓子が並び始ます。

卵型のチョコレート(Uovo di pasqua)と一緒によく並んでいるのが、コロンバ(Colomba)というパン菓子です。

今年は4月に東京でイタリア人画家の通訳をする機会があり、ブレーシャのパスティッチェリア(Pasticceria、お菓子屋さん)のコロンバをいただきました。

かわいいラッピングの中には……
どーんと833g!

コロンバは、パネットーネで有名なモッタ社が、パネットーネの材料や機械を他の季節にも使えないかと考え出した商品。

パネットーネの生地を、復活祭のイメージである白い鳩(colomba)の形にしたものがコロンバなんですね。

そういったエピソードを知っていたし、以前食べたコロンバがあまり好みではなく、そんなに期待していなかったのですが……

このコロンバはすごくおいしかったんです!!

プレゼントしてくれたブレーシャの画家さんも、

「でしょ~!?これは大量生産品じゃなくて、町のお菓子屋さんのコロンバだからね。うっふっふ。全然違うでしょ~!」

と、得意げ。

袋を開けただけで、バターとオレンジピールのいい香りが鼻腔をくすぐります。
甘さもスーパーのものとは比べ物にならないくらい上品。
一番違いが分かったのが、上部のアイシング(glassatura)とアーモンド(mandorla)。
どちらもカリッカリで新鮮!!


日本でも、イタリアでも、餅は餅屋なんですね~(しみじみ)。

スーパーのお菓子を食べてイタリア菓子を語ってはいかんのだなあ、と思いました。

ちなみに、繰り返しになりますが、コロンバ(colomba)は「鳩」という意味です。

イタリアでは、「鳩」というと2つの単語あって、街中の黒っぽい鳩を指すのがpiccione、神の使いや平和のシンボルとされる白い鳩がcolombaです。

昨年この画家さんが来日された時に、彼女が描く天使と鳩(もちろん白)を見ながら、
「あなたの描くpiccioneはすごくかわいい!」
と言って爆笑されました(恥ずかしい!!)

失礼なこと言って悪かったな~と思っていたのに、今年はコロンバ(お菓子)をいただいて、とても嬉しかったです。

箱の模様もかわいいの!これを持って地下鉄に♪
料理イタリア語を学ぶ