イタリアおいしいカレンダー 12月25日:クリスマス(Natale)

イタリアのクリスマス菓子と言えば、パネットーネ(Panettone)とパンドーロ(Pandoro)。

パネットーネはミラノ発祥。
干しブドウやオレンジピールなどドライフルーツが入った円筒型のケーキ。
Nicol-Ettone 2011 edition - IMG_2261

photo by N i c o l a

一方のパンドーロは、ヴェローナ発祥のきめ細やかなケーキ。
ドライフルーツは入らず、プレーンなものが一般的。
パネットーネに似たドーム状ですが、真上から見ると星形になっています。
Ho sempre amato il periodo natalizio...

photo by Emiliano

シンプルでポピュラーお菓子なだけに、オリジナルの食べ方もたくさん。
イタリア人に「これ、どうやって食べるの?」と聞くと、様々な答えが返ってきます。
今回はそんな「パネットーネ/パンドーロにまつわる小ネタ」をいくつかご紹介。

1.パンドーロの粉砂糖をまんべんなくまぶすには?
パンドーロにはきれいにまんべんなく粉砂糖がかかっていますよね。
実際に箱入りのパンドーロを買うと、袋に入った粉砂糖が付いています。
この砂糖をまんべんなくまぶすには、ビニール袋にパンドーロと粉砂糖を入れ、ビニールの口をふさいでふりふりシェイクするのが一番。
一見乱暴ですが、とってもきれいにまぶせます。

2.パンドーロを水平にカットしてクリスマスツリーに
パンドーロを水平にカットすると、星形のスライスが1枚できます。
全て均等にスライスして、少しずつずらして重ねると……
まるでクリスマスツリーのよう!
上から粉砂糖をまぶすと雪がかかったようで、これもまた素敵です。
サンタの人形を添えると、まるで絵本の一場面みたい。

panettone

photo by Peter Visser

3.パネットーネの添え物いろいろ
スライスしたパネットーネにクリームを添えることも。
王道はザバイオーネやマスカルポーネクリームですが、生クリーム、ジェラートも相性抜群!
アスティなどの甘口ワインや、アマレットなどのリキュールを合わせて。

Tiramisu

ティラミス、パッシート、エスプレッソと。 photo by franzconde

4.ほかほかパネットーネ
パネットーネは、あたためて食べてもおいしいです。
あたたかくなったドライフルーツは、甘味が増してまた格別。
でも大きなパネットーネを上手に温めるのは難しいですよね。
カットしてトースターもいいですが、切らすに温めたいときは…?
私のいた大学では、授業中にオイルヒーターで温めておき、授業後にみんなで分けて食べました。
先生曰く、クリスマスを過ぎて安売りになったパネットーネも、こうすればおいしく食べられるとのこと。
オイルヒーターをお持ちの方は試してみてください。

5.クリスマスもヌテッラサンドでいただきます
最後に、イタリアと言えばヌテッラ!
パネットーネやパンドーロも、薄くスライスしてヌテッラを挟んでいただきます。
再構築して元の形に戻してもいいのですが、食べきれない方は、オープンサンドのようにヌテッラを塗るのはいかがでしょうか。
イタリア式の甘い朝ごはんにもぴったりです。
熱々のカフェラテと一緒にどうぞ。

日本でもかんたんに買えるようになってきたパネットーネやパンドーロ。
今年は自分なりのアレンジで食べるのもいいですね。

Buon Natale a tutti!

 

<12月のカレンダー>

12月8日 聖母無原罪の御宿リの日(Immacolata Concezione)
12月25日 クリスマス(Natale)
12月26日 聖ステファノの日(Santo Stefano)

Top photo by Angelo Amboldi

●この記事を無料メルマガで定期購読する